このブログは,K's Station かわの歯科のブログです.
宮崎県宮崎市 島之内 かわの歯科 徳丸

 皆さんおはようございます先日の、台風は雨風ともに凄かったですが被害などありませんでしたか

 さて、8月22日土曜日に、診療後の午後2時~JAアズム別館において、「宮崎県中部地区歯科医学会」に参加してきました今回は、神奈川県横浜市にて、歯科技工所を開業されておられる遊亀(ゆうき)裕一先生の講演でした
内容は、「生体と調和する歯周組織に優しい歯冠修復」と題し、チェアーサイドで咬合調整の少ないクラウンを目指してというテーマでした
 
 何とも、難しいタイトルに思えますが、簡単に解釈すると、歯を削ったところに入れる歯科技工物が、見た目や形はもちろん、歯ぐきやその周りの歯の組織と調和のとれた物で、かつ、出来上がった歯科技工物が、口の中での調整回数がいかに少なくなるように作る、技工作業のポイントといった感じです

 私自身も、日常臨床技工において、噛み合わせや、見た目・色当に最新の注意をしながら行っていましたが、遊亀先生は歯型から読み取れる情報以外にも、歯科衛生士さんが行う、歯ぐきの検査結果なども考慮し、歯の動揺があるかや、様々な口腔内環境を考えたうえで、1つ1つの歯科技工物の形や、歯の機能を最大限生かし、安定して長期的に口腔内で機能する歯科技工物を製作されていました

 この公演を拝聴させて頂き、まだまだ学ぶべきことが多いと感じたとともに、今日までの自身の歯科技工物の製作へのあり方を改めて感じさせられ、非常に有意義な時間となりましたまた、多くの歯科医師の先生方歯科技工士の方と、日頃の臨床の話などもでき、益々歯科技工へのモチベーションも向上し、努力していかなくてはと思いました

【2015/08/25 17:23】 | 未分類
トラックバック(0) |