K's Station かわの歯科ブログ

このブログは,K's Station かわの歯科のブログです.

Entries

歯の神経を抜く前に…

宮崎県 宮崎市 島之内 かわの歯科 北林です(^-^)

皆さん、元気にお過ごしですか?

今回は、『歯の神経を抜く前に知っておきたかった7つのこと』という記事をご紹介します。

1.歯の神経は虫歯になったことを教えてくれる
歯の神経は虫歯ができると冷たいものや熱いものがしみたりして虫歯になったことを教えてくれます。
歯の神経を抜くと虫歯が深くなっても痛みを感じないために、虫歯に気づかず、痛みが出る頃には
抜歯をしなくてはいけないことがあります。

2.歯の神経は虫歯から守ってくれる
歯の神経は虫歯ができると歯を固くしたり、歯の一部を作ったりして、虫歯が急に進まないように歯を守っています。
神経を抜いてしまうと守る力がなくなり、虫歯ができるとすぐに進んでしまいます。

3.歯が割れるのを守ってくれる
歯の神経の空洞には神経以外に血液も流れています。この血液から歯の中に水分が運ばれています。
歯の神経を抜いてしまうと、水分が失われ、枯れ木のようになり、硬いものを噛んだ時割れてしまうことがあります。

4.歯に起こった変化を教えてくれる
歯の神経は知覚過敏や、歯にひびが入ったり、根元が削れたりしたときに、
しみる、違和感を感じる等の症状で歯の変化を教えてくれます。

5.歯の神経を抜くと黒くなってくる
歯の神経を抜くと歯は死んでしまいます。
死んでしまった歯は新陳代謝がなくなるため古い組織がそのまま残り黒く変色して行きます。

6.噛み合わせの変化に対応してくれる
噛み合わせは年齢とともに変わってきます。歯の神経がある歯は自然に噛み合わせに合わせてすり減ってくれます。
神経を抜いてしまうと割れないように被せ物をしたり、歯のすり減りが早くなったり、噛み合わせのズレが出てきます。

7.温度を感じ取ってくれる
歯に神経があると食事をした時、熱いものや冷たいものを感じて、美味しく食事ができます。

近年、『予防歯科』という言葉を耳にする機会が増えましたが、まだまだ、歯が痛くなったり、歯ぐきが腫れたり、
何らかの症状が出てからでないと歯医者には行かないと言う方も多いのではないでしょうか?

歯を守るために大切なことは、何も症状が無い時に歯医者さんに診てもらうことと、定期的なメンテナンスです!
最近、ずっと行ってないなーって方は、ぜひお越し下さいヾ(・∀・)ノ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

dr,monkey

Author:dr,monkey
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード