K's Station かわの歯科ブログ

このブログは,K's Station かわの歯科のブログです.

Entries

宮崎県 宮崎市 島之内 かわの歯科 新名(ゆ)です(○・_ゝ・○)ノ

11月半ばですがたまに暑い日があったり、着ていく服に
毎回悩んでおります。。。(笑)


さて、みなさんキャラメルやハイチュウなど食べて
銀歯がとれた!ってことありませんか?
取れた銀歯を知らずにガリッと噛んで銀歯の形が変わってしまったり。。。

今日は銀歯とセラミックについて

話しているときや笑ったときに銀歯があると目立ちますよね。
虫歯になってしまい銀歯をかぶせなくてはいけないときちょっと残念ですよね

銀歯の劣化
歯に銀歯を入れると金属の成分が歯や歯ぐきに溶けだして、黒くなってしまいます。
すぐすぐそうなるわけではありませんが、長年使っていると、、、

銀歯が劣化することによって起こってしまうのです。
お口の中は酸性、アルカリ性、暑い、冷たいなどと過酷な環境です。

虫歯になりやすい
銀歯は早くに劣化してしまい、歯とのすき間からむし歯になってしまいます。
セラミックは陶器の一種なので、お口の中でも安定し、虫歯になりにくいのです。

汚れが付きやすい
銀歯の表面は見えない小さな傷が多くあり、その傷の中に細菌が詰まっています。
歯ブラシで磨いても傷の中の細菌は取れないので
お口の中にべとべと感が残ってしまうのです。

セラミックは表面を一度コーティングして焼いてしまうので、傷がなく汚れが付きにくいです


新しい被せ物、詰め物を作る際、銀歯をセラミックにしてみては??
といっても、歯のセラミック治療は保険診療として認められていないために
自費診療で行うことになります

そのため、費用が高いというデメリットや、
歯のセラミックはご自身の歯のように水分や粘りがないため
欠けたり、割れたりすることがあります。
セラミックが割れたり欠けたりする方の多くは歯ぎしりを無意識のうちしている方が多いです

どちらもメリット、デメリットありますが
セラミックが今後の一つの選択肢になればと思います

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

dr,monkey

Author:dr,monkey
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード