2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017.06.27 (Tue)

歯茎の腫れ( ˘•ω•˘ )

宮崎県 宮崎市 島之内 かわの歯科 新名(あ)です

最近、しょっちゅう歯茎の同じ部分が腫れます(´・ω・`)
歯茎の腫れには腫れ方や種類がさまざまです
なので今日は歯茎の腫れについてお話します

体調が悪い
疲れや寝不足が続いているなど体調が悪いとき、そのストレスが歯茎の腫れとなって現れやすくなります。
また、アルコールを多量に摂取したときも、腫れることがあります。
これは歯医者での治療は必要ありません。
十分な睡眠やバランスのよい食事をとることで、体を休めてください。

間違った歯みがき
歯茎が腫れる原因として最も多いのが、口の中に細菌が繁殖すること。
口の中を清潔に保っていれば、細菌が繁殖することはありません。
正しい歯みがきをしていれば、口の中を清潔に保ち、細菌の繁殖を防ぐことができます!
正しい歯みがきの方法が分からなければ、歯医者でブラッシング指導してもらうことをおすすめします。


細菌によるもの
虫歯治療の際に、歯茎とかぶせものの間に細菌が入ってしまう場合があります。
その部分に細菌が繁殖し、歯茎が炎症を起こして腫れてしまうのです。
虫歯治療で神経を抜いていると、腫れや痛みに気づかない場合もあります。


親しらず
親しらずが原因で歯茎が腫れてしまう場合もあります。
親しらずは奥に生えるため、入念に歯みがきすることが難しいです。
そのため、食べ物のカスなどが残りやすくなってしまいます。
細菌が繁殖して、歯茎が腫れてしまうのです。


皆さん、歯茎のチェックだけでも来られてみてはいかがですか?(*‘∀‘)
15:23  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kawanodentalclinic.blog57.fc2.com/tb.php/1301-a7af1bac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |